PASSIONE京都

~京都を笑顔に~

早朝サイクリング

パッシオーネ京都は元プロレーサーのレンタル自転車店

オーナー亀岡は元プロの競輪選手でした。

1977455_637615949625685_3494564223792804589_n

ただ私はパッシオーネでレーサーを前に出すことはありません。

私が持っている自転車センスを活かすのは、

乗りかたのアドバイスなどおしゃれで楽しい、京都自転車旅を提案するときだけです。

30728386_10213215100065808_3224693340263940096_n

先日は和歌山を走りましたが基本的には出勤前の早朝サイクリングで、

天候のことや車の動きなどの道路状況など、

ユーザーさんにより安全で楽しい自転車旅をアドバイスできるように、

実走センスをみがいています。

31493699_10213287348271968_4874036850093719552_n

何よりも早起きして自転車に乗り、シャワーをあびて出勤すると、

通勤中も店に立っているときも身も心も軽く、

早朝サイクリングが経営者としてとても大切なことに気づきます。

31337849_10213256801348314_3228759622026264576_n


...と言うと格好いいですが、

半分以上は僕の美容と健康のためのエクササイズです。(笑)

PASSIONEオーナー 亀岡直樹

1977455_637615949625685_349456422_2自転車レンタル《パッシオーネ 》
¥3,150 / 9-18時
¥2,100/9-12時または12-18時・雨天来店
 
http://www.passione-kyoto.jp










「カントリーサイド」は英語で田舎モンを意味しないそう。

「花冷え」という美しい言葉がありますが今年の桜は早く、

今朝見たのは葉桜でした。


花冷えの胡麻@180408


オーナー亀岡のホームタウンもようやく、

早朝サイクリングができる気温になったと思ったら今朝は0℃。


うるさい目覚ましと格闘、布団と格闘、冷たいウェアと格闘し、

冷凍庫のなかのような田舎道を、

いつもの赤いウィンタージャケットでもちょっと寒いなと感じながらこぎました。


花冷え

私が早朝サイクリングするのは“美容と健康のため”ですが、

5時から自転車に乗り、シャワーをあびると、

これまでどれだけヨゴレた状態で出勤してたんだ、、

と感じるくらい身体や頭が軽くなります。


21192186_10211528074611226_2103935657985600547_n

早朝サイクリングしていると、

鹿のカップルが突進してきたり、タヌキが道のまん中で休憩していたり、

キジが...キツネが...とまるで動物園だと感じますが、

僕はこのホームタウンが好きです。


すべてのスイッチをオフにしてくれる場所だから。


PASSIONEオーナー 亀岡直樹

1977455_637615949625685_349456422_2自転車レンタル《パッシオーネ 》
¥3,150 / 9-18時
¥2,100/9-12時または12-18時・雨天来店
 
http://www.passione-kyoto.jp








パッシオーネ京都での1日を笑顔ですごせる理由。

桜のむこうに小さな白い月を見つけたのは、

自宅まであと少しというところでした。


29920053_10213112298455832_1893171598_n

店は京都駅ちかくだけど自宅は田舎という私は毎日、

早朝サイクリングしてシャワーをあびてから出勤しています。

美容と健康のために。(本気)


20246088_10211252421240064_7435006884802303036_n

運動で全身に血をめぐらせ、シャワーを浴びると、

身も心もとても軽くなります。


鹿、キツネ、キジなどに挨拶しながらの1時間だけのサイクリングですが、

僕がパッシオーネでいつも笑っていられるのは、

この早朝サイクリング&シャワーのおかげかも知れません。


PASSIONEオーナー 亀岡直樹


1977455_637615949625685_349456422_2自転車レンタル《パッシオーネ 》
¥3,150 / 9-18時
¥2,100/9-12時または12-18時・雨天来店
 
http://www.passione-kyoto.jp











レンタルサイクル・パッシオーネのオーナーの京産大の後輩たちとは!

『琵琶湖岸をのんびりはしろう』そう思って出かけました。

27972730_10212751339592086_7516098944674226900_n

久しぶりのドライブに『これ、車に乗ってる時間のほうが長いよなぁ』と、

にやにやしながら琵琶湖大橋を目指しました


途中の峠、

反対側車線を派手なウェアを着てロードバイクを押して歩く、

不自然な画の若者の行列とすれ違いました。


『トラブルかな??どこまで歩くつもりやろ...』

そのあたりは練習コースで土地勘がある場所でしたから、

拾ってあげようと思いつき、峠を越えたところでUターンしました。


歩いている彼らに追いつき『どうしたん!?』

「友達がスリップしてこけて、救急車で運ばれたんです..」

『ええっ!!君ら、高校生か!?どこまで戻るん!?』

「大学生です。京産大まで」

『後輩やん!!俺、京産大の自転車部やってん』


京都のサイクリストはみんな知りあいというような狭い世界ですが、

後輩となるともう、我が子のような気持ちになってきました。



事故のロードバイクを車に積んで預け先の大学の門まではこび、

「こんな車ですけど僕、怪しいもんじゃありません、実は...」と、

突然やってきた派手な車に困惑している守衛さんに、

事情を話していると彼らが追いついてきました。



「気をつけてな!」と別れ、

予定が狂ったので琵琶湖はヤメようと思いましたが、

このまま帰ると私のリフレッシュが完了しないので、

とりあえず琵琶湖へ。

28166264_10212752548862317_324021968233656064_n

レストランに入ってのんびり優雅に休日ランチ、

の予定が琵琶湖大橋の西詰の施設の、駐車場の車中でマクドです


ファストフードをファストに食べると時間ができ、

気分よくサイクリングに出発!

27750858_10212752827789290_1501540684831058704_n
琵琶湖大橋!なんて記念撮影しましたが、

時間は押しているので先へいそぎます!


28056104_10212754815398979_3208038873379135745_n
あの比叡山の向こう側が京都!などと、

外国人のフレンドに向けた画像を撮りましたが、

先をいそぎます!


27867149_10212752991393380_6804521374389231011_n
琵琶湖には大きな橋が2つ!などとと撮りながらも、

まだ半分なので先を急ぎます!


東岸は向かい風でしたが、

見知った場所なので特に苦はなく進みました。

27867434_10212753222879167_8737170080987563805_n
そしてゴール!


湖を見ながらのんびりサイクリングの予定が、

すこしもゆるめずノルマ的にこなした定休日ライド@琵琶湖でした。



後輩の力になれたことが、この日の一番。


「ありがとうございました!」という彼らの声を聞くと、

サイクリングや休日なんてどうでもいいという頭になるのでやはり、

大学の後輩というのは僕にとって我が子のような存在です。

PASSIONEオーナー 亀岡直樹

1977455_637615949625685_349456422_2自転車レンタル《パッシオーネ 》
¥3,150 / 9-18時
¥2,100/9-12時または12-18時・雨天来店
 
http://www.passione-kyoto.jp









京丹波ワインサイクリング!

天気いいし、自転車に乗ろう!

27655091_10212698053019955_4571786513790139730_n
用事をするためにパッシオーネへ行こうとしていた定休日の朝、

強く射しこんでくる太陽を見つけ久しぶりに乗れる、乗ろうと思いました!


普段着のダウンジャケットを天日干ししてから、

マウンテンバイクにかけてあったカバーを外し、

空気をパンパンにいれ、ヘルメットをかぶり、

赤い冬用手袋をして、勢いよくこぎ出しました。


どこへ行こう....

27751749_10212698053779974_7608235266750619490_n
住宅地をぬけたところで、

「そうや!ワイナリーっていうんやろか、

丹波ワインの工場みたいなんないかなぁ」と思いつき検索し何ヶ所か発見。

27540051_10212698054459991_1543619470818669600_n
ブドウがとれない冬はどこも休業みたいですが、

飲むわけでないので場所確認と、雰囲気を見たいと思いました。

ワイン畑を背景に自転車の写真をヒヒヒ...と


27848640_10212705120076627_273248924_n
太陽は出ていましたが空気はつめたく、

池の水は凍っています。

子どものころこんなん見たら、スケート出きると言って入りそう...

などとニヤニヤしながら先へすすみます。

27783595_10212705119476612_1699999085_n
丹波高原って、

牧歌的な田舎を想像させる暖かなひびきだ...と思いながら、

色がなく人もいない冬の丹波の冷たい風をきっていました。


27540166_10212698647634820_3852720666690103238_n
残雪ある丹波でレストタイム。


このあたりで空は曇り、風もでてきました。。

停まってナビをさわるよりも前に進みたいと感じる冷たさで、

競輪の練習で来ていた見知った場所でしたが、

ワイン工場を探してぐるぐる迷うことになりました。。

27657537_10212699117726572_1639795827164548734_n
そしてワイン樽とワイン色の看板を発見!!


カバンの中のスマホナビはずっと、

「そこを東に進んでください」などと言うけれど、東ってどっちやねん......

見知らぬ場所だとハンドルにつけるスマホホルダーが要るな、

と京都自転車旅で道に迷う方の気持ちになりながら、自宅を目指しました。



IMGP9655
ランチをとり出社、午後はずっとしたいと思っていた、

2階パッシオーネカフェのワックスがけをし、

個人的にもオーナーとしても充実の1日となりました。



27848505_10212705120916648_645387920_n
夜またワインを“練習”しながら、サイクリングを振りかえっていました。


冬の自転車は重いです。

赤いジャケットのなかの身体は冷たく、

厚手の手袋のなかの手はカチコチ。

すれ違う人などほとんどない茶色の景色を背景に一人、

もくもくと自転車をこいでいました。


競輪の練習を思いだしました。

どんなに暑くても寒くても、風が吹いても、

少しくらいの雪や雨なら乗れることを喜び気にせず、

独り真面目にもくもくと、

どうすれば強くなれるのかだけを考えながら自転車をこぐのです。

ストイックで、ハングリーでした。


今、自宅玄関を境にパッシオーネオーナーのスイッチを入れ、

他人を意識して気を張った日々。

どこか格好をつけていて自分でないみたい。


冬の丹波を一人自転車を走らせて、

やはり僕には身も心もオフにしてもっと体育会的に普段着になれる時間がいる、

と感じましたがどうでしょうね。

PASSIONEオーナー 亀岡直樹


photo_4自転車レンタル《パッシオーネ 》
¥3,150 / 9-18時
¥2,100/9-12時または12-18時・雨天来店
 
http://www.passione-kyoto.jp









プロフィール

Kame.

最新コメント
【egaoアルバム】
  • 京都駅近くのレンタル店PASSIONEのオーナーは商品!
  • パッシオーネ京都というレンタルサイクル店の領収書
  • 京都のレンタルサイクル店ならまたすぐ会えますよ!
レンタルルーム【パッシオーネカフェ】
  • 京都駅ちかくにあるお洒落な貸しスペース「パッシオーネカフェ」
  • 京都駅ちかくにあるお洒落な貸しスペース「パッシオーネカフェ」
  • 京都駅ちかくにあるお洒落な貸しスペース「パッシオーネカフェ」
  • 京都駅ちかくにあるお洒落な貸しスペース「パッシオーネカフェ」
  • 京都駅ちかくにあるお洒落な貸しスペース「パッシオーネカフェ」
  • PASSIONE/パッシオーネという京都駅近くの自転車レンタル店
  • 京都駅近くにあるお洒落で小さなレンタルルームです。
  • 京都駅近くにあるお洒落で小さなレンタルルームです。
  • 京都駅近くにあるお洒落で小さなレンタルルームです。
  • 京都駅近くにあるお洒落で小さなレンタルルームです。
  • ホームシアターのような大画面とBOSEがある京都のレンタルスペース
  • ホームシアターのような大画面とBOSEがある京都のレンタルスペース
☆PASSIONEグッズ
  • 笑顔自転車のステッカーをプレゼントする京都のレンタルサイクル店。
  • 笑顔自転車のステッカーをプレゼントする京都のレンタルサイクル店。
  • 笑顔自転車のステッカーをプレゼントする京都のレンタルサイクル店。
  • 台湾の自転車好きがパッシオーネ京都のTシャツを着て和歌山サイクリング
  • パッシオーネ京都の最初のレンタルから10年の今日また!
  • パッシオーネ京都のレンタル自転車のステッカーが記念品。
  • パッシオーネ京都のレンタル自転車のステッカーが記念品。
  • パッシオーネ京都のレンタル自転車のステッカーが記念品。
  • パッシオーネ京都のレンタル自転車のステッカーが記念品。
  • パッシオーネ京都のレンタル自転車のステッカーが記念品。
  • パッシオーネ京都というレンタルサイクル店のオーナーです!
  • パッシオーネ京都の笑顔自転車のトートバッグ
京都の天気